酒買取ナビ.net

ぱっと見悪いお酒でも買取は可能です。

未開封でコルク等破損なしが買取の前提条件

お酒の買取を依頼する場合に注意しておきたいのはやはり商品の状態です。ブランド品などでも同じことが言えますが、見た目が良くないものは買取金額が安くなったり、買取をしてもらえなかったりするイメージがあるのではないでしょうか? お酒の場合は、コルクやキャップが破損していたり、開封済みでない限りはほとんどの場合買取を拒否されることはありません。 例外を挙げるとするならば、ヴィンテージワインなどのように取扱量が極端に少なく、相場が把握しづらいものは業者によっては断られることがあります。 そういった商品でも、専門の知識を持った業者であれば買取をしてもらうことが可能です。 ただ、やはり埃をかぶっていたりラベルが汚れたりすると、ぱっと見悪いので、査定員の印象は随分と変わってきます。そのため、できる限りの掃除、手入れは事前に行っておくとよいでしょう。 注意点としては、たとえ汚れていたり破れていたりしてもラベルだけは絶対に剥がさないようにすることです。 ワインなどはラベルが古酒であることの証明になる、というのが理由の一つで、ラベルがない場合は大幅に商品価値が下がる場合があります。 ラベルがないからと言って買取が不可能になる訳ではありませんが、少しでも高く買取をしてもらいたい場合は、是非覚えておきたい知識の一つです。