酒買取ナビ.net

お酒の買取に関して絶対にはずせない注意点

お酒のキャップやコルクの破損に注意

お酒の買取依頼をする際に注意しなければいけないポイントとして、商品の品質管理が挙げられます。 アルコールは直接口にするものですから、品質が劣化しているようなものは当然買取対象外になります。 だからと言って状態を確かめるために封を切って確認することは厳禁です。 買取対象のお酒は未開封であることが前提なので、封を開けた瞬間に買取が不可能になってしまうからです。 ブランデーやワインなどの洋酒はコルクで栓をしていることが多いですが、コルクの劣化がみられる場合やキャップの不良も買取が不可能になることがあります。液漏れなどが発生している場合は当然買取してもらうことができません。 ワインの場合は見た目の変化も重要ですね。温度管理が難しいワインは、品質の劣化も激しいですので素人目で見ても色が変色していたりする場合はもちろん買取対象外になります。 このように封を開けて状態を確認できないお酒は、見た目の印象が買取金額に大きく影響してきます。コルクやキャップの状態ぐらいであれば、自分で簡単に確認できるポイントですし、ほこりや軽い汚れであればすぐに取り除くことができます。 買取申込み前に確認をしておけば、査定もスムーズに進みます。これらの注意点を忘れずに買取依頼の準備をしましょう。